梅干しじわを解消できる

顔に触れる女性

人気の理由を確認

口を閉じるとあご部分に細かいシワがよる、いわゆる「梅干しじわ」がコンプレックスという人も少なくないようです。梅干しじわは下あごが上あごより後退していたり、前歯が出ていたりする人が口を閉じるとできやすいと言われています。口を閉じた時にオトガイ筋というあごにある筋肉が収縮を起こすのですが、下あごが後退している・前歯が出ている人の場合、過度にこの筋肉が収縮します。オトガイ筋の緊張によってあご部分に梅干しのようなシワが寄るのですが、一目につきやすいこともあり悩んでいる人が多いようです。梅干しじわを解消するには骨格自体を整える必要があると言われていますが、実はボトックス注射で手軽に目立たなくすることも可能です。ボトックス注射ではボツリヌス製剤という、筋肉の動きを弱める特殊薬剤を筋肉部分に注入する施術を行います。施術を行うことによってオトガイ筋を緩める効果を発揮し、筋肉の過度な収縮で起こる梅干しじわを解消できるという仕組みです。下あごを前に出したり出っ歯を治したりするとなると、かなり高額な治療費がかかりますし施術も大変難しいものとなります。一方、ボトックス注射であればボツリヌス製剤をあご部分に注入するだけなので、金銭的・身体的な負担は少ないです。気軽に施術を受けられるということから、梅干しじわの解消のために多くの患者さんからボトックス注射は選ばれています。梅干しじわは放置してしまうと、細かいシワが定着して深く刻まれてしまい治らないケースもあるので、早めにボトックス注射で改善しましょう。あごに刻まれる細かい縦ジワ「梅干しじわ」も、ボトックス注射を受けることによって解消することができます。施術は麻酔を行ってからボツリヌス製剤を注射器で注入するという、とてもシンプルな方法で顔にメスを入れるということはありません。メスを使わないプチ整形でもあるので、初めて美容外科で施術を受けるという人でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。ただ、顔やあごに注射針を刺すと聞いただけで痛みが強く出るのでは・・と施術に対する不安を感じる人もいるようです。注射の痛みが心配という人は、どのような麻酔方法で施術を行うのかクリニックに相談してみることをおすすめします。基本的にボトックス注射の場合は、ボツリヌス製剤を注入する前に局所麻酔を行い施術中の痛みを感じにくくします。通常、麻酔クリームや麻酔テープといった方法で行うのが一般的で、クリームを塗ったりテープを貼ったりするだけの簡単な麻酔方法です。麻酔クリームや麻酔テープでも十分、ボツリヌス製剤を注入する時の痛みは抑えられますが、施術自体に強い恐怖心を感じるなら、他の麻酔方法も考えてみる必要があります。恐怖心が強いという場合は、リラックス麻酔や笑気麻酔といった精神的に、リラックスできる麻酔方法がおすすめです。リラックス麻酔は痛みを緩和するというより、注射針を顔に刺すという恐怖心や不安を和らげる目的で投与されます。笑気麻酔は笑気ガスといって痛みを和らげたり、精神的にリラックスしたりできるガスを吸い込む麻酔方法で、ボトックス注射では多く使用されています。もし、強い不安や恐怖心を感じているという場合は、このような麻酔方法もプラスすればより安心してボトックス注射を受けられるのでおすすめです。

Copyright© 2018 ボトックスで理想の顔をゲット!【美容領域で使用されるボトックス】 All Rights Reserved.