プチ整形をよく知ろう

注射

製剤には種類がある

ボトックスは医薬品の商品名で、アメリカのアラガン社の製剤です。ボツリヌストキシンというボツリヌス菌が作り出す毒素を利用した医薬品で、世界中で病気の治療に今も使われています。同じ作用を持つ製剤はアラガン社以外でも製造販売されていて、イギリス製のものもあれば韓国製のもの、ドイツ製のものもあります。ボトックスは日本の厚生労働省も認可していて、美容領域で使用されるボトックスビスタは、本家アラガン社が日本市場向けに開発したものです。美容整形外科ではしわの改善などに使われますが、価格が著しく異なるような場合には、どの製剤が使われているか知る必要があるでしょう。作用機序(薬が効果を及ぼす仕組み)は同様であっても、どのように製造されたものか、メーカーの品質管理はちゃんとなされているかは重要です。当然、安全性が高く、信頼のある製剤である必要がありますが、もちろん、アラガン社以外にも品質の高い製剤はあります。例えばドイツ製の製材は、熱に弱いボツリヌストキシン製剤を改良して、常温保存を可能としました。安定性が高く、海外から輸入しても品質を保てるのでとても信頼性が高いと言われています。安い製剤でも、ジェネリック品という位置づけのものであれば信頼性は得られるでしょう。韓国のKFDAお墨付きのボツリヌストキシン製剤もあります。日本の美容整形外科で採用されている製剤はやはり元祖が一番多いようですが、施術を受ける側も内容を理解しておいて損はありません。自分の体のことですから、知識を持って選択できるようにしておきたいですね。ボトックスは、病気の治療として使われる場合は、眼瞼痙攣や顔面痙攣を抑える目的で使われています。筋肉の収縮を抑制する効果があるので、病気の後遺症で筋肉にこわばりが出るような場合にも適応されることがあります。美容目的としては、主にしわの解消、小顔整形、足の部分?せなどが治療内容になります。注射器で患部に注入すると、その部分の筋肉を局所的に弛緩させることができるので、美的効果を生み出すことができます。また、汗腺の過剰なはたらきを抑制することもできるので、ワキに注入して多汗症やワキガの改善にも使われます。作用するのは筋肉の収縮に対してだけなので、筋肉のあまりない部分には使われることはありません。美容整形外科で特に人気なのは、表情じわの解消です。額や眉間、目の周りには、長年刻み込まれた表情じわが消えないことが多いですが、ボトックス注射を行うと筋肉が弛緩してしわが解消できます。肌にハリを持たせるためにヒアルロン酸注射を行う施術もありますが、ヒアルロン酸注射は表情じわの解消効果は薄いです。筋肉自体に作用するボトックス注射を行うことで、肌もふっくらした柔らかさを取り戻すケースが多いでしょう。小顔整形では、物を咬む時に使うエラの咬筋が発達して、顔が大きく、四角く見えてしまう人に活用できます。脚?では、大きく発達したふくらはぎのヒラメ筋を弛緩させて、スリムにするのに活用できます。施術は注射するだけなので、時間も短く患者の負担が少ないのが大きなメリットです。仕事や家事にも支障なく、美しさを手に入れることができるでしょう。

顔に触れる女性

梅干しじわを解消できる

ボトックス注射はあごにできる梅干しじわを、解消できるプチ整形としても人気です。大掛かりな手術をしなくても注射1つで梅干しじわが目立ちません。施術は麻酔を行うので痛みはありませんが、恐怖心が強い人は笑気麻酔などを行うのがおすすめです。

診察

悩みを解消できます

ボトックス治療を受ければ、顔のしわやたるみ、太いふくらはぎの悩み等を解消する事ができます。注射をするだけの簡単な方法ですが、医師の技術力が結果に影響してきます。信頼できる医師が在籍する優良な医療機関で施術を受ける事が必要です。

注射

まずはカウンセリング

ボトックス治療は注射だけで様々な悩みに対応してくれますが、まずはカウンセリングで治療内容や効果、費用などは良く確認し納得の上で申し込みを行います。健康状態によっては治療が受けられない場合もありますので、体の状態は正直に伝えておきましょう。

Copyright© 2018 ボトックスで理想の顔をゲット!【美容領域で使用されるボトックス】 All Rights Reserved.